ハイブリッドカー

ハイブリッドカーの将来はいかに

日本では最近クリーンディーゼルが勢力を伸ばしていますが、トヨタが精力的に販売していることからハイブリッドカー全盛です。しかし、近未来的視点で見ると、化石燃料を使うことに変わりがないハイブリッドカーはどこかで限界が来ると思っています。次世代の自動車は燃料電池で決まりでしょう。まだまだ値段がとんでもなく高いということや、燃料供給のインフラの問題があり、ポピュラーな存在になるにはまだまだ時間がかかります。

しかし、その間に電気自動車のバッテリーの性能向上やインフラの整備で、今より使いやすい存在になるでしょう。特に、日産リーフは単なる電気自動車ではなく、家庭用電源と組むことで自家用充電池としての役割を果たすことができるのですから、こんなにありがたいものはありません。災害用対策としてもばっちりです。

ただし、ハイブリッドカーもプラグインハイブリッドカーであれば、ガソリン使用量を最低限にでき、かつ長距離運転時にはガソリンで航続距離を延ばすことができるというダブルのメリットがあります。10年スパンで考えると、しばらくの間はハイブリッドとクリーンディーゼルが主流になるでしょう。しかし、20年後は燃料電池車が次第に増加し、今のハイブリッドカーのような存在になると思われます。